WordPressの自動バックアップ

 

WordPressを開くと、『WordPressの更新』と表示されていました。

更新の前にデータベースとファイルをバックアップしてください。

と表示されています!

 

 

バックアップをとることを忘れていたことに気づき、今回『BackWPup』というプラグインをインストールして、バックアップ・自動バックアップの設定を行いました。

 

 

WordPressのバックアップ時には、サーバー上のファイル・データベース上のデータの2種類のファイルをバックアップします。バックアップ用のプラグインは色々ありますが、今回はプラグイン『BackWPup』を使った方法を解説していきます。このプラグインは一度設定するとサーバーのデータ・データベースのデータのバックアップを定期的に行ってくれるのでオススメです☆

 


スポンサーリンク

 

 

プラグイン『BackWPup』の導入から、自動バックアップの設定方法を解説していきます。

 

 

ダッシュボード

プラグイン新規追加→検索窓に『BackWPup』と入力

今すぐインストール有効化

 
『サーバー上のデータ(画像データ・テーマなど)を自動バックアップする設定』

BackWPup新規ジョブを追加【一般】タブを選択・設定

ジョブ名

 このジョブの名前:任意のジョブ名を入力

      (ファイルのバックアップなのでfile backupとした)

 

ジョブタスク

 このジョブは…ファイルのバックアップにチェック

 

バックアップファイルの作成

 アーカイブ名:デフォルトのままでO.K.

 アーカイブ形式:環境に合わせて選択

  Windowsユーザーの方は『Zip』Macユーザーの方は『Tar GZip』

  自分はMacなので『Tar GZip』を選択。

 

ジョブ伝送先

 バックアップファイルの保存方法フォルダにバックアップにチェック

  色々バックアップ先を選べますが、今回はフォルダに☆

 

ログファイル

 ログの送信先メールアドレス:デフォルトのままでO.K.

 メールのタイトル:デフォルトのままでO.K.

 エラー:チェックエラーが発生した場合メールが届きます)

 

変更を保存をクリック。

 

 

【スケジュール】タブを選択・設定

ジョブスケジュール

 ジョブの開始方法WordPressのcronを選択

  自動的にWordPressがスケジュール通りにバックアップを実行します。

 

実行時間をスケジュール

 スケジューラタイプ:デフォルトのままでO.K.

 スケジューラー毎週を選択

 

ファイルのバックアップはサイズが大きくサーバーの負担が大きいので、週1回に設定。時間はデフォルトのままです。

自分のサイトの状況をみて、曜日と時間は変更してくださいm(_ _)m

 

変更を保存をクリック。

 

 

【ファイル】タブはデフォルトのまま

 

【宛先:フォルダ】タブを選択・設定

バックアップ設定

 バックアップを格納するフォルダ:管理する際にわかりやすい名前

  自分はデフォルトのままで、わからなくならないようにメモをしています。

 ファイルを削除:何回分のバックアップを保持するか数字を選択

上の画像では12回(12週間分のバックアップ)約3ヶ月のバックアップを保持します。

 

変更を保存をクリック。

 

これで『サーバー上のデータ(画像データ・テーマなど)を自動バックアップする設定』は完了です。

 

今すぐ実行をクリックし、バックアップされるか確認しましょう。

 

この画面が表示されるとバックアップは成功です。

うまくいかないときは、設定しているメールアドレスにメールが届きます。

 

 

続いてバックアップしたデータをダウンロードしましょう。

BackWPupバックアップ

実行されたバックアップの履歴が表示されます。

 

ファイルにカーソルを当てるとダウンロードが表示されるので、クリックするとダウンロードができます。

 

ダウンロードしたファイルを開き、『wp-』から始まる3種類のファイルが確認できるとバックアップはうまくいったと考えていいです。

 

 

『データベースの自動バックアップを設定』

BackWPup新規ジョブを追加【一般】タブを選択・設定

ジョブ名

 このジョブの名前:任意のジョブ名を入力

      (データベースのバックアップなのでdatebase backupとした)

 

ジョブタスク

 このジョブは…データベースのバックアップ

         インストール済みプラグインリスト

         2つにチェック

 

バックアップファイルの作成

 アーカイブ名:デフォルトのままでO.K.

 アーカイブ形式:環境に合わせて選択

  Windowsユーザーの方は『Zip』Macユーザーの方は『Tar GZip』

  自分はMacなので『Tar GZip』を選択。

 

ジョブ伝送先

 バックアップファイルの保存方法フォルダにバックアップにチェック

  色々バックアップ先を選べますが、今回はフォルダに☆

 

ログファイル

 ログの送信先メールアドレス:デフォルトのままでO.K.

 メールのタイトル:デフォルトのままでO.K.

 エラー:チェック(エラーが発生した場合メールが届きます)

 

変更を保存をクリック。

 

 

【スケジュール】タブを選択・設定

ジョブスケジュール

 ジョブの開始方法WordPressのcronを選択

  自動的にWordPressがスケジュール通りにバックアップを実行します。

 

実行時間をスケジュール

 スケジューラタイプ:デフォルトのままでO.K.

 スケジューラー毎日を選択

 

ファイルのバックアップよりサイズが小さいためサーバーの負担が少ない点と、記事の更新など日々行う作業にミスがあった場合にすぐ元に戻せるため、データベースのバックアップは1日1回に設定。時間はデフォルトのままです。

自分のサイトの状況をみて、時間は変更してくださいm(_ _)m

 

変更を保存をクリック。

 

 

【DBバックアップ】タブを選択・設定

データベースのバックアップの設定

 バックアップするテーブル全てにチェック

サーバー上のデータと比較してバックアップのファイルサイズはとても小さいので、全てバックアップをとっても問題ないでしょう。

 バックアップファイル名:デフォルトのままでO.K.

 バックアップファイルの圧縮『GZip』を選択

データベースのデータは、圧縮すると大幅にサイズ容量を抑えられる傾向があるようです。

 

変更を保存をクリック。

 

 

【プラグイン】タブを選択・設定

プラグインのリストファイル名:デフォルトのままでO.K.

ファイルの圧縮:デフォルトのままでO.K.

ファイルサイズは数KBと圧縮も必要ないほど小さいので、『なし』を選択でいいでしょう。

 

変更を保存をクリック。

 

 

【宛先:フォルダ】タブを選択・設定

バックアップ設定

 バックアップを格納するフォルダ:管理する際にわかりやすい名前

  自分はデフォルトのままで、わからなくならないようにメモをしています。

 ファイルを削除:何回分のバックアップを保持するか数字を選択

上の画像では30回(30日分のバックアップ)約1ヶ月のバックアップを保持します。

 

変更を保存をクリック。

 

 

以上で、

・サーバー上のデータ(画像データ・テーマなど)を自動バックアップする設定

・データベースの自動バックアップを設定

は完了です。

 

 

WordPressのバックアップはサーバー上のファイルと、データベースのデータをそれぞれ保存する必要があります。

BackPupを使えば両方のバックアップを定期的に自動で実行できます。

一度設定するとO.K.なので、WordPressでバックアップを考えている方にオススメのプラグインです☆

 


スポンサーリンク

 

人気ブログランキングに参加しています!!!

人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*