SEO対策・導入すべき無料SEOツール:Googleサーチコンソール

 

SEO対策とは、Yahoo!やGoogleで検索をしているユーザーに向け、ページを最適化し検索結果で多く露出することでアクセスを集める一連の流れで、インターネットで検索しても様々な対策方法があり、何をしたらいいのかわからなくなってきます。

SEO対策の方法やツールは日々変わっていると思いますが、検索した時に出てくるもので過去のSEO対策記事も表示されます。

 

ここでは自分が導入している方法を紹介しています。

こちらで紹介する方法はほんの一部のものであって、他にも多くのものがありますので、参考程度にm(_ _)m

 


スポンサーリンク

 

 

SEO対策を始めるにあたり、SEO状況を計測することが重要になります。

今回紹介するGoogleサーチコンソールは、サイトのリンク、インデックス、クロール状況の把握、HTML改善に役立つ無料SEOツールです。

 

サーチコンソール(Google Search Console)では、

検索での見え方、検索トラフィック(オーガニック検索)、Googleインデックス(インデックス登録状況)、クロール(クローラー状況)、セキュリティ、スパム(SEOスパムなど)など、あらゆる視点からサイト管理でき、パフォーマンス向上に役立てることができます。

 

Googleアナリティクスについてはこちらの記事で☆

Googleアナリティクス

 

 

それでは登録していきましょう。

 

Google Search Consoleにログインします。

Google Search Console

Googleアカウントがない場合は、アカウント作成しましょう。必須です。

Google アカウントの作成

アカウント作成後、Google Search Consoleにログインします。

 

 

テキストボックスにサイトURLを入力し、プロパティを追加をクリック。(新しくサイトを追加します)

 

すでにいくつかサイトがある場合、Search Consoleホームの右上付近にプロパティを追加のボタンがあるのでクリック。

 

 

サイトURLを入力。 追加 をクリック。

 

 

HTMLタグのmetaタグをコピーし、サイトのホームページにあるセクション内の、最初のセクションに貼り付ける。

metaタグを貼り付けたHTMLファイルを、サーバーにアップロード後、サーチコンソールの「確認」をクリック。

ちょっとわかりづらいですよね。。。

 

 

ワードプレスの場合は下記の方法がおすすめです!!!

ワードプレスでプラグインAll in One SEO Packを設定する・している場合

HTMLタグのmetaタグの中の小さい赤ワク内(content=”~~~~~~~~~~~~“)の部分をコピーして、プラグインAll in One SEO Pack一般設定内の、ウェブマスター認証のGoogleウェブマスターツールの欄に貼るだけでオッケーです☆

 

 

 

このHTMLタグのmetaタグを表示させる方法。

 

まだ登録していない場合

このページで説明しているプロパティを追加した後の、所有権を確認する方法をおすすめの方法ではなく、別の方法をクリック。

HTMLタグにチェックを入れると、metaタグが表示されます。

 

 

登録しているサイトの場合

Search Consoleにログインしホームへ行きます。

Google Search Console

登録しているサイトの中から、表示させたいサイトのURLをクリック。

 

右上のマークをクリック。確認の詳細をクリック。

 

左上にこのような表示が出るので、 別の方法で確認するをクリック。

 

 

確認方法で、HTMLタグにチェックを入れるとmetaタグが表示されます。

 

これで登録と表示についでは大丈夫だと思います。

 


スポンサーリンク


 

人気ブログランキングに参加しています!!!

人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

2 Trackbacks / Pingbacks

  1. プラグイン設定方法 | パソコン1台で稼げるの!?
  2. SEO対策Googleアナリティクス | パソコン1台で稼げるの!?

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*