SEO対策・導入すべき無料SEOツール:Googleアナリティクス

 

SEO対策とは、Yahoo!やGoogleで検索をしているユーザーに向け、ページを最適化し検索結果で多く露出することでアクセスを集める一連の流れで、インターネットで検索しても様々な対策方法があり、何をしたらいいのかわからなくなってきます。

SEO対策の方法やツールは日々変わっていると思いますが、検索した時に出てくるもので過去のSEO対策記事も表示されます。

 

ここでは自分が導入している方法を紹介しています。

こちらで紹介する方法はほんの一部のものであって、他にも多くのものがありますので、参考程度にm(_ _)m

 


スポンサーリンク

 

 

SEO対策を始めるにあたり、サイトのSEO状況を計測することが重要になります。

 

今回紹介するGoogleアナリティクスはホームページのアクセス状況を把握するための無料SEOツールです。

 

Googleアナリティクスとは

サイト(ホームページ)に専用のサイト解析タグ(トラッキングコード)を埋め込むことで、サイトの状態【セッション・ユーザー(ユニークユーザー)・ページビュー(PV)・ページ/セッション・平均セッション時間(平均滞在時間)・直帰率・離脱率・アクティブユーザー・新規リピーターの割合】などあらゆるアクセス状況が確認できるツールです。

あらゆるデータを見ることが可能で、それを元にサイトを改善し、訪問数を増やすなど、サイトパフォーマンスの向上に役立てることができます。

 

Google Search Consoleについてはこちらの記事で☆

Googleサーチコンソール

 

 

それでは設定していきましょう。

 

Googleアナリティクスのサイトにアクセスしログイン。

Google Analytics

Googleアカウントがない場合は、アカウント作成しましよう。必須です。

Google アカウントの作成

 

ログイン後、Googleアナリティクスの設定の流れが表示されるので、「お申し込み」をクリック。

 

 

 

「新しいアカウント」作成画面に移行するので、以下の項目を入力。

アカウント名:好きな名前をつけることができます。

ウェブサイト名:自分で管理するときに出る名前なのでサイト名にしておくとわかりやすいでしょう。

ウェブサイトURL:解析するサイトのURLを入力。

業種:インターネット・通信事業など解析するサイトのジャンルを選択します。

レポートのタイムゾーン:デフォルトはアメリカ合衆国ですが、日本を選択します。

 

その下にあるデータ共有設定はデフォルトのままで大丈夫です。

入力が終われば「トラッキングIDを取得」をクリック。

「Googleアナリティクスに利用規約」が表示されるので「同意する」をクリック。

 

 

登録したウェブサイトのトラッキングが表示されます。

下の赤枠で囲んでいるトラッキングコード(Googleアナリティクスタグ)をコピーし、サイトに設置します。

左上のトラッキングIDの登録が必要なツールもあります。

 

トラッキングIDやトラッキングコードを確認する場合は、

Googleアナリティクスのサイトからログイン。

Google Analytics

上部の管理をクリック。

プロパティで表示したいサイト名を選択。

トラッキング情報をクリックすると上の画像のページが表示されるので確認できます。

 

 

いかがでしたか?

入力項目も多くはなく、簡単に設定できますね☆

 

トラッキングコード設置方法の説明をしている記事はこちら☆

トラッキングコード設置方法

 


スポンサーリンク

 

人気ブログランキングに参加しています!!!

人気ブログランキングへ

 

ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村

 

3 Trackbacks / Pingbacks

  1. トラッキングコード設置方法 | パソコン1台で稼げるの!?
  2. All in One SEO Packの設定方法 | パソコン1台で稼げるの!?
  3. Googleサーチコンソール | パソコン1台で稼げるの!?

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*